学校紹介

理念

観光・通訳・翻訳・文化活動分野において、国際的に活躍できる人材の育成を当校の使命とする。

国際交流・観光・グローバルな世界に求められる人材に

日中文化芸術専門学校は昨今の中国人観光客を中心とした外国人観光客の増加に伴い、現場で通訳ガイドとして活躍する人材を育成するために設立されました。
ツアーガイドのみならず、各観光地、ホテル、ショッピングモールなど、様々な場所で中国語を話せる人材が必要になっています。今後オリンピックを控え、多方面で活躍できる日本人の通訳ガイドこそ日本をPRするための大きな戦力として重要なのではないでしょうか。母国語以外の言語を学ぶことは、自分自身の世界を広げる事にも繋がります。
当校で学ぶ学生の出身国はベトナム、中国、日本、台湾、ネパール、インドネシア、韓国、ミャンマー、モンゴル、カンボジア、マレーシア、パキスタン、キルギス、スリランカ、(学生数順)と実に多彩です。

概要

日中文化芸術学院は1994年2月に中国文化・中国語学校として開校しました。学校成立20周年の2014年、その一環として、日中文化芸術専門学校の設立が大阪府より認可されました。全日制二年間で、学生は卒業時に専門士の称号が授与されます。
日中文化芸術専門学校は大都市大阪の天王寺区に位置しています。天王寺区は大阪市中心部の南東にあり、関西でも有名な商業地域であり、有数の文教地区でもあります。天王寺駅は大阪府南部、奈良県、和歌山県等への主要玄関口で、交通、教育施設、医療施設、文化施設が非常に多く、学生が勉強・生活するには非常に便利な街です。
当校は現在、観光・通訳ガイド専攻学科、日中通訳学科、日本語日本文化学科(留学生対象)の3つの学科を設置しています。教育経験が豊富で優秀な教師陣が揃っており、半数が中国人教師ですので国際的な語学環境は抜群です。就職のサポートも充実、大学院進学、大学編入学のためのサポートも充実しています。